バックナンバー

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ちんちら

  • ブログ村

カテゴリー「16.エアコン」の11件の記事

2021年1月20日 (水)

やっとコンデンサ装着

いろいろあって牛歩ですがやっとコンデンサの装着です。

W220ベンツの純正コンデンサ改ですので冷却能力は充分と思います。

S20210981

純正との比較はこちら。

サイズが大きくなり、さらに構造が変わったため冷却性能的には50%程アップします。

さらに取り付け方も変わるのでラジエーターに通る風が100%コンデンサも通過するようになります。


続きを読む "やっとコンデンサ装着"

| | | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

急に老ける。。。2

ブレーキポンプに続きエアコン修理です。

色々と調べたところ原因はこれ。
コンプレッサーがONにならないだけでなく電動ファンも回らないので犯人はエアコンタイマーです。

87.5型以降はエンジンコンピューターにぶら下がっていますがそれ以前のPIAZZAはエバポレーターに付いています。


S20200273

試しに仮付けしたところ問題なく動作しました。



続きを読む "急に老ける。。。2"

| | | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

圧力テストツール

エアコンの配管等を組んだ後にチェックするのに苦労していました。
何故なら、エアコンの配管はメーカーごとだけでなく、
年式によっても配管の仕様が違うので合うものを見つけるのが大変です。

特に後期型のPIAZZAは合うものが見つかりません。

配管の漏れテストするのにいろんなツールを購入してみました。

まずはこちら。

これだけあっても後期型PIAZZAに使える部品は2つだけです。

S20200054


続きを読む "圧力テストツール"

| | | コメント (5)

2020年3月 1日 (日)

エアコン交換。室外機編。

いよいよ最終章とっても面倒なエアコン交換です。

S20209720

穴から出した配管を整える前に、穴の中の配管を整えます。

室内機から水が出るので外に向かって少しづつ下がっていかなくてはなりません。

穴の中にバールを差し込んで大まかに整形しました。




続きを読む "エアコン交換。室外機編。"

| | | コメント (0)

2020年2月26日 (水)

エアコン交換室内機編。

 前回は電源のみで終わってしまったので、いよいよ本体の取り付けです。

壁内配管曲げがが出来るわけではないので、
嫁さんに応援を依頼していますが急遽応援NGになってしまいました。

無理と思いますが出来るところまで一人でやってみます。

S20209699

室内機の配線と配管を繋いでドレンとFケーブルをかなり長めに出しておきます。

先に長めに出してあるケーブルをガイドにして90度曲がった壁穴に配管を通します。



続きを読む "エアコン交換室内機編。"

| | | コメント (3)

2020年2月20日 (木)

エアコン交換・電源編。

嫁さんの実家のエアコン交換です。

リビングのエアコンが調子が悪いと聞いていましたが、取り付け方法を見て。。。
すっごくやりたくなかったんです。

取り付け状態を確認したところ、どうやって取り付けたんだろう???
って取り付け方してるんです。

S20209688

200vの電源引くためシーリングライトを外しています。

室内から見るとエアコン取付状態が普通に見えますが、裏から見ると。






続きを読む "エアコン交換・電源編。"

| | | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

続・お掃除エアコンは買ってはいけない。

前回の記事が2015年の5月なので交換してから4年程使ったことになります。

S20188961 

東芝の7.1kのエアコンです。
以前のエアコンは4kだったので大幅パワーアップです。

そして例に漏れずフィルターお掃除機能付き

東芝のRAS-712PDRという機種です。


エアコンのお掃除機能はエアコン本体のお手入れが不要なのでは無くて、あくまでもフィルターのお手入れが不要と言うだけです。










続きを読む "続・お掃除エアコンは買ってはいけない。"

| | | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

カーエアコンを科学する(配管編)・・・第四章。

ガス入れのコツ。

エアコンの配管を外した時にはレシーバードライヤー(リキッドタンク)を交換するのが一般的です。
交換しなかったせいで不具合が出て再度ガス入れするのは避けたいですからね。

S20188922

そしてガス入れ前のちょっと一工夫です。
特にレシーバードライヤーを交換した時には特に重要です。

交換してそのまま放置だったら交換した意味がなくなってしまいます。
交換作業は配管が完成してから最後に行います。
先に交換して配管開放したままだった場合には、乾燥剤が水分を吸いきってしまうのでもう一度交換しないとなりません。




続きを読む "カーエアコンを科学する(配管編)・・・第四章。"

| | | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

カーエアコンを科学する(配管編)・・・第三章。

ホースを自由に作ることが出来たので、今度は配管の作業です。

一般的に自動車のエアコン配管はOリング接続ですが、家庭用のエアコンはフレア接続です。

Oリングのメリットは振動に強いこと、家庭用エアコンのフレアは振動の多い自動車にはあまり向いていないと言われています。

と言ってもあくまで自動車メーカーレベルでの話し、素人が配管するにはシングルフレアでも大丈夫です。

S03

最も簡単で確実なフレアはこんな工具で作ります。
中古工具屋さんで5000円位で手に入れることが出来ると思います。

見た目はそっくりですがこんなのは買ってはいけません。

 

続きを読む "カーエアコンを科学する(配管編)・・・第三章。"

| | | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

カーエアコンを科学する(配管編)・・・第二章。

前回は誰でも出来る作業をやってみましたが、今回はちょっと難しくなります。

多分素人でこんなことやるのは私だけ?

みんなつまずくエアコンホース。

エアコンホースを作ってくれるところはそんなに沢山ありません。

純正新品が出たとしてもR12用のホースですので完全134化には向きません。

そこでこんな物を購入しました。

S2017_7206


油圧ホースのカシメ工具です。



続きを読む "カーエアコンを科学する(配管編)・・・第二章。"

| | | コメント (0)