無料ブログはココログ

バックナンバー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ちんちら

  • ブログ村

« 切れた。 | トップページ | マルチレングス »

2024年5月10日 (金)

水温対策。

エアコン掛けても水温の上がらないNERO子ちゃん。
コンデンサーがラジエーターの前に無いのでエアコン掛けても水温上がりません。

以前は三層ラジエーター入れていましたが全く水温上がらない為二層に戻しました。

でも、次の悪戯の為に対策をします。

PIAZZAは元々冷却についてあまり考えられていません。
この年代の日本車はみんなそうですがラジエーターの回りが隙間だらけですしね。

バンパーの開口部から入った風の一部は何も冷やさずに床下に抜けていきます。

それ以外にもラジエーターを抜けた熱気がラジエーター前面に回り込んでしまう熱のショートサーキットが起こってしまいます

そこで、今回はラジエーターの後ろ側を塞ぐ作業をやってみます。

S20249295

段ボールでこんな型紙を作って。
アルミで切り出し。




S20249296

曲げたらいい感じ。

S20249298

組立。

S20249299

こんな物でも数時間仕事です。
考えてる時間の方が長いです。

S20249301

装着。
写真ありませんが反対も同様に製作。
左右で付いている物が違うので完全対称にはなりません。

左にはあった穴が右には無いので穴開けてナッターでナット装着。

S20249308

M6のスチールブラインドナットは固すぎて私の力では握れません。
代わりにM6スタッドボルトに頑張ってもらいます。

でも調子に乗って締めすぎると簡単にナット舐めます。
アルミにはアルミナットで鉄にはスチールナットです。

普段はスチールナットは大型のナッター使うんですが、
ここは奥行きが無いので通常タイプの改造版で作業します。

そしてアンダーカバーも装着。

  S202493101

ラジエーター後ろの隙間は無くなりました。

S202493121

S202493111

インタークーラー抜けた風の一部はそのまま下に抜けるものもありますが、
コンデンサーの抜けを考慮してあえてラジエーター前を全塞ぎにはしていません


ラジエーター後を全塞ぎにすることで熱のショートサーキットを防いで冷えが良くなります。
ラジエーター上のスポンジも同じ役目ですね。

| |

« 切れた。 | トップページ | マルチレングス »

02.NERO子ちゃん お買い物スペシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切れた。 | トップページ | マルチレングス »