バックナンバー

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

ちんちら

  • ブログ村
無料ブログはココログ

WEB

« ものづくりワールドその1 | トップページ | レールが合わない »

2023年6月25日 (日)

ものづくりワールドその2

ものづくりワールドの続き。

ステンレス板の曲げ手編み込んだ照明器具。
IKEAに売ってそう。

Simg_6495


線挽きマシン

10個のダイスで0.73㎜のケーブルを0.47㎜まで細くします。

Simg_6493

Simg_6494_20230625075801  

極細パイプ。
なんと外形0.05㎜内径0.02㎜だそうです。
右に映ってる刷毛みたいなやつです。

Simg_6498

ここからはデジタルコーナー。

3Dプリンターばっかりです。
エキマニ。

Simg_6499

今では金属出力が当たり前になってきました。
これはチタンで外径は300㎜位だったかな?
材料代だけで80000円だそうです。

Simg_6500

顎。これだと一回り小さい機器で出力できるそうです。
この小さい方ならたったの4000万円の機械で出力できるんですよ!
って凄く熱心に説明されましたが、本格的に仕事で使うんなら安いんでしょうね?

ちなみに大きい方だと5000万円だそうです。

Simg_6501_20230625080801

同じブースの直6クランクとピストン。
これを出力するのに168時間だそうです。

Simg_6502

発泡素材のホイール。
18インチ以上ありましたが2㎏程度しかなかったです。
出力150時間。

Simg_6504

扉空けた状態で動かしてました。
20㎝位の小さなホイールです。

Simg_6503

こちらの売り物は右の小さな箱。
大がかりな制御盤使わずにこれで操作できますよって事でした。
でもどう見ても100円入れたらTV見れるような気がしませんか?
こんなのが昔旅館にありましたよね?
SDカードのスロットに100円入れたくなります。

Simg_6506

数年前はこんなの見たら感動してましたが今では当たり前に見えてきました。
データと機械があれば作れちゃうわけですよね?
当然データ作るのは物凄く大変でしょうけど。

Simg_6513

今度は逆に3D計測器。
非接触と接触の両方のデータが取れるそうです。

Simg_6512_20230625082701

そして膨大なデータをレンダリングするには強力なワークステーションが必要です。
Lenovoがアストンマーチンとコラボモデル出してました。

Simg_6511

無駄に格好いいです。

Simg_6508

Simg_6509

Simg_6510

凄くそそられます。

でも煙突以前のMacProってこんな感じで格好いいですよね。

| |

« ものづくりワールドその1 | トップページ | レールが合わない »

41.イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ものづくりワールドその1 | トップページ | レールが合わない »