バックナンバー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ちんちら

  • ブログ村

« 漏れ漏れ | トップページ | 頼まれてないけれど。 »

2020年4月30日 (木)

バンドソー修理。

バンドソーが壊れました。
モーターとプーリーは周っていますが歯が動きません。

元々持っていたエイシンのバンドソーはお嫁に行き、
今では同型他社のちょっとモーターが大きいものに世代交代しています。

その記事はありませんね。

プーリーが回って歯が動かないってことは原因はここ。

S20209891 

ウォームホイールがギタギタです。
PIAZZAのデフブローみたいです。




ここのプーリーを外してカバーも外す。

S20209892

ここのカラーを外すとウォームギヤが外せます。

S20209893

ウォームギヤは鉄ですがウォームホイールは真鍮でした。
それが削れて真鍮の粉まみれでした。
以前開けた時にウォームホイールの粉を全部取り除いたのですが、
その時点でやばそうだったので部品は発注済み。
でも、既にボロボロだったのでウォームホイールのサイズが不明。
使えるか判りませんが似たようなサイズで頼んであったのでした。
というよりも同じ歯数の物は存在しませんでした。

恐らく既設はモジュール2の23歯ですが、既製品では20歯の上は30歯なので合うサイズがありません。

ギヤの距離から換算して使えそうなのサイズなのがモジュール1.5の30歯でした。
サイズが少し小さいので使える保証はありません。


S20209894

届いたギヤはもちろんそのままでは付かないので事前確認。
シャフトのサイズが違うので手元にあった手すりの棒を加工して使えるかどうかの確認します。
ベアリング外形とウォームの内径に合わせた加工をして位置合わせ。

S20209919
S20209920

元のウォームホイールよりも外形が小さいのですがとりあえず問題はなさそうですが、
当然耐久性や音などは劣ると思います。
ウォームホイールが鉄になったので耐久性は大丈夫かな?

S20209918

既設シャフトの径は15㎜ですがそれぞれのギヤの穴径は10mmですので旋盤で内径拡大しました。
ところがウォームギヤはシャフト一体型でしたのでシャフトを切削。

S20209927

S20209928

そしてこうなりました。

S20209929

S20209930

そして組付け。。。
ウォームホイールの向きを間違えました。

S20209931

写真ありませんがギヤの向きを変えて組み付けて完成。

オイルはナスカグリスを使いました。

今までよりも歯の速度が遅くなりましたが、
元々ベルトで再も遅くなるようにしていたのでベルトの組み換えで同等の速度になりました。

また数年は大丈夫でしょう。


 



|

« 漏れ漏れ | トップページ | 頼まれてないけれど。 »

32.道具・工具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 漏れ漏れ | トップページ | 頼まれてないけれど。 »