バックナンバー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ちんちら

  • ブログ村
無料ブログはココログ

« オートジャンボリー2017 | トップページ | セッティング »

2017年7月 6日 (木)

ちんちらクーラー2017

昨年作ったちんちらクーラーの冷却ユニット、昨年は充分な能力を発揮していたんですが今年はどうも調子よくありません。

 

砂と抜けた毛を吸い込んでエバポレーター有効面積が半分近くになってしまっています。

 

でも、エバポレーターを洗浄するには分解しないとなりません。

 

そこで、更なる能力の向上とメンテナンス性の向上を考えて、新しい冷却ユニットを作ることにしました。

 

材料はこれ。
先日の最速のオークションです。

 

S20176812

まずは分解して中身を確認。




ちんちらクーラー2016は除湿機内のエバポレーターを外して外に出しましたが、2017年版はエバポレーターも取り外さずに配管を組み替えてコンデンサーとして使います。
その分コンデンサーの容量が増えて性能アップするはず。

 

そのために配管の変更。

 

まずはガス抜き。
エアコンと違って除湿機にはサービスポートが無いのでこんな部品でサービスポートを作ります。

 

S20176972

 

 

 

エアコンよりも配管が細いのでいろいろと工夫が必要です。

 

基本的には汎用性の高い1/4のフレアで接続しますが、太さが違う部分は1/4の部材をハンダ付けします。

 

S20176973

 

 


こちらはエバポレーター改コンデンサーと中央がキャピラリーチューブ(エキパンの役割をするもの)です。

 

S20176975

 

 


コンデンサー側も同様にして。

 

S20176976

 

 

 

組み立てたら真空引きして漏れのチェック。

 

これで室外機側が完成です。

 

次は室内機を作ります。

 

素材はこれ。

 

S20176867

 

 


ベンツのリヤエアコンです。
W220用を購入しました。

| |

« オートジャンボリー2017 | トップページ | セッティング »

20.ちんちら」カテゴリの記事

16.エアコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちんちらクーラー2017:

« オートジャンボリー2017 | トップページ | セッティング »