バックナンバー

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ちんちら

  • ブログ村

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月30日 (火)

ひとまず完了。

NERO子ちゃんのエアコン改修計画。

とりあえず動くようになりました。

エキパンがここに移動して。

Simgp6007

続きを読む "ひとまず完了。"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

壊れた。。。

昨日の作業後、レシーバータンクを後期型新品に交換したので空気を入れたままにしたくありません。

そこで、漏れ検査も兼ねて圧を掛けておくことに。
炭酸ガスを使って水分を含んだ空気を追い出しておきました。

Simgp6009
これだけ圧を掛けて一晩放置しておきました。



続きを読む "壊れた。。。"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

全てが違う

NERO子ちゃんのエアコン改修前回に続きトラブル続出。

NERO子ちゃんはPIAZZAの中では中期型、後期型とはエアコンの高圧側の配管の太さが違います。
それは前から知っていました。

前期型と中期型は3/8インチで後期型は5/16とちょっと細くなっています。
そして、ナットのサイズは一緒なのでもしかしたらそのまま繋がるのかも?とか思ってしまいます。

でも、残念ながら互換性はありません。

まぁ、高圧側は全部作り直すつもりだったのであまり気にしていませんでした。
交換するのも簡単ですしね。

そのつもりで作業開始。

まずは改造したエバポレーターを使えるようにします。

そのためには純正のエキパンを改造。

Simgp5992
感熱筒と感圧の配管を切ってハンダで塞ぎます。

それを装着。



続きを読む "全てが違う"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

プロなのに下手くそ。。。

NERO子ちゃんのエアコンリフレッシュ計画。

基本は全部自分でやるつもりでしたが一か所だけプロに頼むところがあります。

それは、、、

配管とフィッティングのロウ付け。

凄く上手くて値段の安いところは知っているんですが、習志野市なので片道2時間は見ないとなりません。
さらに、いつやっているか判らないし、忙しい人なので預けてから1週間後位の出来上がりです。でも、ホンダミュージアムのバイクのレストアとかしてる人なので腕は確かです。
しかも安い。
ここだと大体一か所500円位で作業してくれます。
ここは、下準備も何もしないで部品を持って行って指示すれば希望の通りの物が出来るんです。

でも今回は急いでやりたいので、いつも頼んでいる近所の溶接屋さんに聞いてみると。。。

1箇所位ならやるけれども何か所もあるようならちょっと時間が取れないとの事。
でも、薄肉のアルミ配管ならラジエーター屋さんに聞いてみれば?と。

そこで調べた近所のラジエーター屋さん。
電話してみると15000円は欲しいとの事、、、余りにも高いですがやってくれる所は他にありませんのでお願いすることに。

今回頼んだのは全部で9か所のロウ付け。でも、下準備が全部できているのでロウを流すだけです。

Simg_3222
技術のないやつは定温アルミロウを使うけれどあんな強度のない物は俺は使わない。いつもは1か所3000円は貰うようにしているから今回は大サービスだ。なんて言いながらこんな感じで作業していました。

でも、、、、、

作業後に漏れチェックをしてくれたののですが、エバポレーターだという事が判っていながら、コアの中に汚れが溜まった水が入ってもお構いなし。

注意をすると。え?なんでまずいの???と言われてしまいました。

余りにも知識が無さすぎです。

ラジエーターなら全然問題ないですが、コンデンサーやエバポレーターに汚れた水が入るなんてありえません。

作業後に強気な価格設定のままで支払い帰ってきました。
名前は出しませんが、草加市のラジエーター屋です。

続きを読む "プロなのに下手くそ。。。"

| | | コメント (1) | トラックバック (0)

サブコン追加

今回のエアコンリフレッシュ計画。

やりたいことは次の通り。

1.エキスパンションバルブを現行車の調整可能の物に変更。
2.サブコンデンサー追加
3.R134用コンプレッサーに交換
4.プーリー変更

とりあえず2番までを今回やってしまいます。

3.4までは今回は出来そうにないので後日に作業します。

今回付けるサブコンデンサーはこれ。

Simgp5963
ベンツのW220のコンデンサーです。

本来はこれだけでメインで使っているものですが今回はこれをサブコンデンサーとして使います。


続きを読む "サブコン追加"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

エアコンを考える。

うちは特に困っていなかったので後回しになっていたこと。

PIAZZAはエアコンの効きが悪い車が非常に多いって事。
そして、エアコンの効きが悪い車程水温が上がってしまいます。

単純な素人考えではエアコンの効きが悪い=室内温度を下げられない。=コンデンサーの発熱も少ない。と思いがちですが。

冷凍サイクルとして考えると全然違うんです。
エアコンの効きが悪い=室内温度を下げられない=コンプレッサーに入る温度が高くなる。
コンデンサーの温度が高くなる=液冷媒を作れない=エアコンの効きが悪い。

という感じになってしまいます。

だから、エアコンの効きが悪い車は水温がどんどん上がるんです。

NERO子ちゃんはコンデンサーを二分割にしてバッテリーとエアクリーナーの下に移動しました。

だから特に問題なくエアコンも効いていました。
でももっと効くようにしてみたいと思ったんです。

ついでなので、レトロフィットではなくR134のシステムに入れ替えてしまおうかと思ったのでした。

システムとして簡単なのは、全部丸ごとR134の車の物を移植すること。
そこで、RF-5ステップワゴンの部品と比べてみました。

Simgp5955

左がステップワゴンで右がPIAZZAです。

全然大きさが違います。。。

分解してみると、



続きを読む "エアコンを考える。"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

模様替え。

うちの旋盤、いつもここから手前に引きだして使っています。
そのためにはNERO子ちゃんを外に出さないとなりません。
そのためにキャスターが付いてるんです。
でも、毎回550kgの物を引っ張り出すのも結構大変。

そして、出さないで作業すると、、、、NERO子ちゃんはキリコまみれになります。

そして後ろに移っているグリーンのシートはみどりちゃんです。
ここもキリコまみれになります。

Simgp5948

だからお引越し。

予定の場所はここ。

続きを読む "模様替え。"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

エキパン調整

先日の花火大会。
物凄く暑かっただけではなく、なんかエアコンの効きが悪いんです。

正直なところここの所段々と弱くなっていたように思います。

ガスが抜けてきたのかと思い測定してみました。

Simgp59371
まずはエアコン比作動時。

約8kありますのでガスは少なくないようです。

続きを読む "エキパン調整"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

古河市花火大会

花火大会に行ってきました。

Simg_3118
大玉が好きな私は外すことが出来ない3尺玉です。

続きを読む "古河市花火大会"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

水没・・・

先日NERO子ちゃんの荷物を降ろして作業中。

一夜明けたら水没していました。

横殴りの土砂降りの後は床に時々水が入ってきます。

勿論全体が浸水する程ではないのですがところどころ小さな水たまりが出来てしまいます。
1番深いところでも2mm位かな?

ところが、一つ問題が。

降ろした荷物の1番下にこれが。

Simgp59301_3

続きを読む "水没・・・"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

ウインカーが判らない?

先日のLED換装

あれをやるためにはこれをやらないと。。。
さらにこれをやるためにはまた違うそれをやらないと。。。

と、どんどん連動していろんなことをやらないといけなかった訳ですが、実はまだまだあったんです。

一つ嫁さんから言われたのがウインカーが判らなかった・・・・と。

PIAZZAオーナーなら必ず聞かれること、誰かに運転させるときに、『ウインカーってどこ?』
普通に運転して触るところって言っても何故かみんなわかりません???なんで?

同じ理由で判らないのかと思いました、だって、

Simgp5918_2
IMPULSE(PIAZZAのアメリカ仕様)のサテライトSWに変更したため、ウインカーが左側に来ているんです。

でもそのことではなかったようです。


続きを読む "ウインカーが判らない?"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »