無料ブログはココログ

バックナンバー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ちんちら

  • ブログ村

« 角っ | トップページ | ゴロゴロゴロゴロ »

2016年4月 3日 (日)

起動

先日買った旋盤。
さらに先日買ったインバーターでやっとモーター回りました。

 

配線はこんな感じ。

 

Simgp5204

 

 

 

三相入力の両端に入力し中央の1本は空けたままです。そして右の3本でモーターへ出力します。
基板が単相入力モデルと同一らしく単相入力の場合は両端に接続するように記載されていました。

 

この手の物はACから整流してDCを作り出してから、三相200Vもしくは400Vを出すようですので、今回のように単相二線式でも動作しますし、DC200Vの電源でも動作するようです。
その代わり単相入力で使う場合は三相入力の時よりも出力は66%になってしまう訳ですね。

でも、そんな簡単には事が運びません。

 

電源を入力すると表示部が点灯し設定モードに入れるのですが電圧が出力されません。
運転ボタンを押しても反応なしです。

 

今回三つ購入したので入れ替えても同じ症状。
ということは壊れている訳ではなさそうです。
日立の三相入力インバーターは単相入力できないのかな?

 

調べると設定や結線の載っているPDFを発見。

 

どうやら本体ではなく外付けのコントローラーで動作するモードにされているようです。

 

設定を変更すると電圧出るようになりました。

 

電圧は出たのですがインバーターの電源入れてから旋盤のSWを入れてモーターを起動すると、出力電流エラーが出て止まってしまいます。

 

Simgp5205

 

 


中央の茶色いのが旋盤のモーターの電源&反転SWなのですが、このSW入れるとエラーが出るということはSWは壊れてないってことですね。

 

ところが、旋盤のSWを入れてからインバーターをONにするとゆるゆると回り始めました。

 

突入電流を抑えるために10秒で最高回転になるように設定されていたので、インバーターが起動してから旋盤のSWを入れると突入電流でエラー出ちゃうんですね。

 

そうなるとモーター起動SWが不要になるのでそこにインバーターを付けてしまいます。
インバーターで回転方向も回転数も変えられますので無くても大丈夫なんです。

 

Simgp5208

 

 


ちょっと大きすぎますが3.7k出力のインバーターに1.5kのモーターなので駆動力は充分かと思います。

 

ただ、ベアリングがごろごろ言ってました。

 

交換しなくちゃね。

| |

« 角っ | トップページ | ゴロゴロゴロゴロ »

15.オーディオ・電気」カテゴリの記事

30.ガレージ・遊び場」カテゴリの記事

32.道具・工具」カテゴリの記事

37.工作機械」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 起動:

« 角っ | トップページ | ゴロゴロゴロゴロ »