バックナンバー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ちんちら

  • ブログ村
無料ブログはココログ

« スターターもちょっと当たりそう。 | トップページ | 初めてのAT-MT(2004年2月) »

2013年6月19日 (水)

MAXONIC DS-405(2008年5月~2010年4月)

一時期こんなものも持っていました。

ハードオフで買ったのですが、どこの店だったのか良く覚えていません。
幸手か蓮田か七里か。。。それとも市川だったか?
ペアで40000円の価格が付いていました。

勿論そんな値段ですから、両方ともTWの音が出ないと言うジャンクなのはいつものとおりです。

Simgp0481

ネットを外すと。
Simgp0482
ユニットの外観はとっても綺麗でした。ガウスやアルテック・タンノイのような同軸2WAYの38cmユニットです。

Simgp0486

ユニットを外してみると、マクソニックのお得意の励磁ではなくアルニコマグネットでした。

Simgp0492
型番はDS-405。

マクソニックでは安価なモデルだったようですね。

Simgp0488
Simgp0493
音は、私の好きな超高解像度な音ではありませんでした。

低音も足りなかったですね。
でも、好きな人にとってはとってもいいものだと思います。

なんといっても、これを作った人は例の日航事故で。。。

TWの音が出なかったのは、ネットワークにTWの配線が繋がっていなかった為でした。

多分前のオーナーは別のホーンでも繫いでいたんでしょうね。

| |

« スターターもちょっと当たりそう。 | トップページ | 初めてのAT-MT(2004年2月) »

15.オーディオ・電気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MAXONIC DS-405(2008年5月~2010年4月):

« スターターもちょっと当たりそう。 | トップページ | 初めてのAT-MT(2004年2月) »