バックナンバー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ちんちら

  • ブログ村

« チンチラクーラー(2012年5月) | トップページ | 通らない。。。 »

2013年5月10日 (金)

本番素材購入(2012年9月)

ジャンクで1円落札したワインセラー、フロントパネルは光るものの全く冷えないとの事でした。

Simgp3489

中身はこんな感じ。ペルチェ冷却ユニットが4セットも付いています。

Simgp3488
裏蓋を空けてみると、、、
結構大きなヒートシンクが付いていました。
そして、あまりにも貧弱な電源回路も。。。
Simgp3491

100V300Wなので、12V制御として24A強が流れることになります。

電源が2台あるので1台当たり12Aとしても、とてもそんなに流せる回路とは思えません。

少なくとも10万円以上するものなのですからきちんとした回路にするべきですね。

そして、予想通り壊れていたのは電源部のみで冷却ユニットは全く問題ないのでした。

PCの電源でテストをしてみると、外気温27度時で8.5度まで下がりました。最近のPC電源は凄いですね。12Vで45Aも取れたりします。但し突入電流には弱いため、このような使い方だと半分から1/3位までにしておかないと動いてくれませんでした。

これなら性能的にも充分です。

冷却ユニットは問題ないことが判ったので取り外します。

Simgp3510
違う角度から見ると 、

Simgp3513
回路を調べてみると、これだけ大きなヒートシンクにも関わらず、ペルチェは2つ直列に配線されていました。ということはペルチェは6Vで使っているって事ですね。

市販のペルチェクーラーBOXは、これよりも小さなヒートシンクでペルチェに12V流している訳ですから、排熱に相当な無理があるのかと思います。

前回テストしたキャリークールもそうでした。
これと比べるとCPUのヒートシンクを使うのでしたら相当大きな物を使う必要がありそうです。

そして、冷却ユニットを外した残骸は、穴を塞いで小物入れに生まれ変わりました。

Simgp3512

次回はこれを使って工作です。

| |

« チンチラクーラー(2012年5月) | トップページ | 通らない。。。 »

33.作り物」カテゴリの記事

15.オーディオ・電気」カテゴリの記事

20.ちんちら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本番素材購入(2012年9月):

« チンチラクーラー(2012年5月) | トップページ | 通らない。。。 »