バックナンバー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ちんちら

  • ブログ村

« ひたすら削る(2009年1月) | トップページ | ヘッドユニットとアンプ(2009年1月) »

2012年11月 9日 (金)

最後の仕上げとデッドニング(2009年1月)

頑張って削ったものにまず黒いフェルトを貼っていきます。
そして、その後に皮を貼ります。

せっかくの本革内装の400Eなのでここも本革を奢りました。
初めての革張りは・・・・・・難しいですね。

B1

ここまでやってドア内部をなんにもしないというのはありえないので、徹底的にデッドニングを行います。
まず、アウターパネルに制振材をブチルで貼っていきます。
ここは複雑な形状ではないので建築用の床の制振シートを使いました。91cmX10mで4000円位で購入できますのでとっても安いです。そして、剥がれてこないように縁をアルミテープで保護します。

B2

インナーパネルはレジェトレックスを開口部に合わせて細かく切って貼っていきます。
見えませんが、開口部にも裏側からレジェトレックスを貼っていますので2重になっています。

B3

もちろん内装の裏もきっちり貼ります。
B4

これで完成!
B0

| |

« ひたすら削る(2009年1月) | トップページ | ヘッドユニットとアンプ(2009年1月) »

15.オーディオ・電気」カテゴリの記事

04.ベンツ君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の仕上げとデッドニング(2009年1月):

« ひたすら削る(2009年1月) | トップページ | ヘッドユニットとアンプ(2009年1月) »