バックナンバー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

  • メルセデスベンツ

« 新兵器購入 | トップページ | 自由自在ってありがたい »

2015年8月12日 (水)

動作確認

先日届いたファンクションジェネレーター。

やっとテストする時間が出来ました。

Simgp4230
まずは正弦波から。

さすが綺麗な波形ですね。

Simgp4231
次は三角波

そして方形波。

Simgp4232

特に問題なさそうです。

そしてDUTYを変えてみると。

Simgp4233
Simgp4234
しっかり変わります。

Simgp4235
電圧も変わる。

Simgp4236
今度は周波数1.5倍。

Simgp4237
今度は半分。

Simgp4238
ATT入れてみた。

勿論他の周波数ボタンもテストしてみましたが問題ありませんでした。

最大電圧が画像の通り10Vなので、車で使うためにはバッファーアンプが無いと駄目かもしれませんね。

出力2倍のアンプを作ればいいんでしょうけれど。。。。。回路が判りません、、、

だれか教えてください。


|

« 新兵器購入 | トップページ | 自由自在ってありがたい »

08.,電動ファン」カテゴリの記事

16.道具・工具」カテゴリの記事

コメント

コントローラの入力に入れるなら、電流は要らないと思いますので、とりあえず OP-AMP 一発で良いのではないかと思います。
ゲイン2倍の非反転増幅回路とボルテージフォロワで試してみては? 2回路入りの OP-AMP 一個で済みます。
なお、電源回路はプラマイ20V必要ですから、P-AMP
の電源もプラマイ22Vあるような物が必要です。

と、ここまで書いて来て、ちょっと思ったのですが・・・。
車の電装は 0~14V位だし、片電源で良いのか。
片電源で動く OP-AMPは、耐圧が低い物が多い。
測定器とは違って、かえって面倒だな。

投稿: すがわら | 2015年8月13日 (木) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180855/62071329

この記事へのトラックバック一覧です: 動作確認:

« 新兵器購入 | トップページ | 自由自在ってありがたい »