バックナンバー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

  • メルセデスベンツ

« 昔は高かった | トップページ | 太陽光パネル。 »

2014年2月26日 (水)

ブースターケーブル作り直し

長いことこんなものを使っていました。

Simgp0602

38SQの溶接ケーブルを使った7.5Mのスペシャルブースターケーブルです。

一般のブースターケーブルでは大型トラック用となっているものでも20SQ以下が当たり前で、酷い物では8.5SQなんてものも普通に売っています。

38SQの市販品も見つけましたが3.5Mで15000円位します。

なぜこんな長さにしたかと言うと、縦列状態でバッテリー搭載位置が反対であっても届くようにとのことで長めに作りました。

ですが、、、正直なところこの長さが必要になったのは3回程です。

そこで、半分の長さにカットしてしまいました。

考えてみれば、どうしても届かないときには救援側のバッテリーを外してしまえばいいわけですね。

作り直すにあたり、グリップも新しくします。

Simgp0603
1個1000円。。。

このグリップは不思議な細工がしてあります。

Simgp0606 
親切に圧着端子が付いていますがグリップにリベットでカシメてあります。

これはどのように圧着すればいいんでしょうね?

ボルトナットで付いていれば使えるのに。。。

これを使うためには一度ドリルで揉んで外さないとなりません、非常に面倒。

新しく圧着端子を買ってきてこのように圧着します。

Simgp0608
大型の圧着端子をカシメるのは大変。

でもこの油圧圧着工具があれば122sqまでカシメることが出来ます。それも油圧だから楽々。

Simgp0607
中古で3500円で買いました。

そして完成。

Simgp0609

これで今までの半分の重量とスペースで持ち運ぶことができるようになりましたとさ。

|

« 昔は高かった | トップページ | 太陽光パネル。 »

12.オーディオ 電気」カテゴリの記事

15.作り物」カテゴリの記事

16.道具・工具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180855/59200927

この記事へのトラックバック一覧です: ブースターケーブル作り直し:

« 昔は高かった | トップページ | 太陽光パネル。 »