バックナンバー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • メルセデスベンツ

« チンチラクーラーの限界は? | トップページ | ロガー付きデジタルテスター »

2013年7月15日 (月)

テスターって素晴らしい

今日は毎年恒例の九十九里ハマグリツーリングでした。

いつものようにお腹いっぱいハマグリを食べてその後海で子供たちを遊ばせての帰り道。

S

お土産を買ってさあ帰ろう。。。。。。

エンジン掛かってクラッチ繫いだ瞬間すぐに止まりました。
おかげで駐車場からはみ出て歩道の真ん中です。

再始動しようとしてもセルが回りません。

ボンネットを開けると、ヒュージブルリンクが切れています。

あ、これね。と交換して再始動。セルは回りますがエンジン掛かりません。

暫くするとセルも回らなくなりましたのでとっても困ってしまいました。

テスターを積んだ記憶が無いので。。。

取り付けたヒュージブルリンクは中古ですがとっても綺麗な状態です。

配線図集は乗っていたのでいろいろと考えてみましたがテスターが無いことには調べることが出来ませんので完全にお手上げです。

諦めて保険屋さんに回送をお願いしました。

回送の手配をしているうちに、テスターを以前使ってからそのまま降ろしていないかも?
と思い調べてみたら発見!!!荷物の山の下に埋もれていました。

テスターで調べてみると交換したヒュージブルリンクが既に断線していました。
最初はセルが回ったので大丈夫だったと思いますが、セルが回らなくなった時点では断線していたんでしょうね。

見た目が綺麗なので最初から疑わなかったのが敗因です。

切れている回路に新しく配線をバイパスしたら普通にエンジン掛かりました。

早速保険屋さんにキャンセルの電話を入れて自走で帰ることにしました。

勿論普通の配線でそのままバイパスした訳じゃなく、きちんとヒューズ入れてますよん。

この状態で帰宅できましたが何かが不具合あるのは確かなのでしっかりと調べないとなりませんね。

結局この場所で2時間程足止めになった訳ですが、そんなことを含めて楽しんでくれる嫁さんとチビには感謝です。

|

« チンチラクーラーの限界は? | トップページ | ロガー付きデジタルテスター »

02.NERO子ちゃん お買い物スペシャル」カテゴリの記事

コメント

あらら・・・大変でしたね。

電気は目に見えませんからねぇ。
ワタシもテスターが無いとお手上げデス。

しかし・・・何が原因だったんでしょうね?
気になりマス。

投稿: すがわら | 2013年7月16日 (火) 01時16分

そんな事が起きていたんですね(驚)。

私はテスターを使いこなせないので、それ以前にお手上げです。

投稿: mikami | 2013年7月16日 (火) 23時54分

最初はテスターが無いなりにジャンパーでいろいろとテストしたんですがさっぱりでした。

スターターリレーを直結すればスターターが回るもののキーシリンダーには電気が来ていないという事までは判りました。

最終的にヒュージブルリンクが切れているのでは?
と言う結論までは何とかたどり着いたのですがそこままで2時間程掛かってしまいました。

テスターがある事が判っていれば一瞬だったんですけどね。

ちなみに、車載していたテスターは熱電対や232Cも付いている高級品でした。

投稿: かわばた | 2013年7月18日 (木) 00時05分

はじめまして

takaと申します

全くブログ内容とリンクしてませんが、

折り入ってのご相談がございまして。

セルシオのエアサスをPIAZZAに使えないかと、今試行錯誤中です。

見た目の形状からマッチングの上で問題も多々ありそうですが、

かわばた様のご意見として、この発想はムリでしょうか? それともやってみる価値ありますでしょうか?

乗り心地を良くしたいと思えばエアサスの発想が浮かびますが、サス自体の寸法→アタッチメント加工でクリアできれば可能ではないか?と考えてます。

無謀な事はやめといた方が良いですかね?

投稿: taka | 2013年7月18日 (木) 16時54分

かわばたです

エアサスですが、、、まず、物理的に取り付けできるスペースがありますか?
リアはアッパーマウントを作るスペースに余裕がありますが、フロントにはそんな余裕が無いと思います。
少なくともアッパーマウントを作るためにはそれなりの大掛かりな改造が必要になります。

次に、構造変更の知識はありますか?
無ければどのように加工すれば車検を通すことが出来るのかが判らないと思いますので、ハードルが極端に高いものになると思います。

作業は誰がやりますか?
自分で出来るならまだいいですが、もし人に任せるようでしたら最低でも新車でPIAZZA買える位の費用は見たほうがいいでしょう。

どんな事でも最終的には物理的に出来ないことは無いと思いますが、極端にデザインを崩すことになると思います。
手元にあったZ32のショックで寸法を考えてみましたが、確実にボンネットから10cmははみ出します。極端にバネの部分が短いものを探さないと無理でしょう。
フロントメンバーと足回りを丸ごと移植すれば、何とかはみ出さなくてもいけるかもしれませんが、エンジンルーム全体の見直しが必要です。

そこまで大掛かりな事をしても(お金を払って)まともな車に仕上がるかは判りません。
もし自分でやるつもりでしたら、ここまで書いたことがイメージできていないようでしたら止めたほうが無難です。

投稿: かわばた | 2013年7月20日 (土) 01時58分

安易に質問してしまい、大変失礼致しました。

とても詳しくご説明頂き、ほぼムリな発想と理解できました。

まるでど素人の発想でした。

お恥ずかしいです。


投稿: taka | 2013年7月20日 (土) 03時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180855/57799756

この記事へのトラックバック一覧です: テスターって素晴らしい:

« チンチラクーラーの限界は? | トップページ | ロガー付きデジタルテスター »