バックナンバー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • メルセデスベンツ

« 駆動力不足 | トップページ | テスターって素晴らしい »

2013年7月12日 (金)

チンチラクーラーの限界は?

ここ数日気温が30度以上になる日が続いています。

夜遅くにエアコンを切ってから、窓を開けていても室温が33度とかになってしまいます。

勿論昼間はもっと高くなることでしょう。

Simg_1420

室温30度は全く問題ないんですが、33度になるとちょっとどうかな?って温度になります。

当初の思惑通りの温度には収まっているんですがやっぱりちょっと不安。

何度も出てきているこの画像ですが。。。

Simgp36252

外気温33度でも(1)部分は25度程度に収まっています。(2)は28度程になってしまいますが、とっても元気に遊びまわっていますし、耳もピンと立っています。

まだまだ大丈夫なようですが、このあたりが私の気分として限界みたいです。

これ以上上がると安心していられません。

このときで放熱ヒートシンク(3)は44度迄上がります。

あまりにも温度が上がると心配なので、気温が上がりそうな日はエアコンを29度設定で掛けて出かけるようにしています。以前のように低い温度設定にする必要は無いので、寒い思いをすることがなくなりました。

あとの対策として、放熱ヒートシンクが熱のショートサーキットを起こさないように導風板を作ればいいかもしれません。出来ればそのまま熱を天井裏まで流せれば理想ですね。

煙突伸ばして天井に換気扇を付ければ、上に溜まった熱を逃がせて良さそうですね。

ついでに、TVの熱も天井裏に逃がせるようになれば。。。。。

|

« 駆動力不足 | トップページ | テスターって素晴らしい »

07.ちんちら」カテゴリの記事

15.作り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180855/57772172

この記事へのトラックバック一覧です: チンチラクーラーの限界は?:

« 駆動力不足 | トップページ | テスターって素晴らしい »