バックナンバー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • メルセデスベンツ

« スタッドボルトツール(普通はこれかな?) | トップページ | ボンネットが濡れないように(2011年8月) »

2013年1月14日 (月)

エンジンルームでの電源調達(2012年11月)

ベンツ君はエンジンルームにバッテリー無いんです。
500Eと同じでバッテリーはトランクにあります。

だからエンジンルームでの電源確保は結構大変。

でも常時電源だけはベンツ君は簡単だったんです。

ABSを取り外したため結構大電流の電源を取ることが出来ました。
2.5SQと4SQの2本あるので結構容量取れますね。

でもそれはABSを取り外したベンツ君だから出来た話。。。

普通は取れないと思います。
少なくともABSラインから電源取るのには抵抗ありますよね。

バッテリーは無いけれどヒューズBOXならエンジンルームにあります。
そして2つ空きがあるんです。
Imgp3969s 画像で11番が空きなのは判ると思います。
そして、12番のブロアモーターも外付けヒューズに変更の対策がされているので空きなんです。

この2つを常時電源とACCに割り当てます。

ヒューズBOXの中身を開けるとこんな構造でした。

Imgp3966s 国産車と違ってベンツ君はヒューズBOXの中身が全てネジ止めです。だから改造が自由自在。

テスターで当たって常時電源とACCを作るためにリレーを仕込みます。

Imgp3967s
どこにつながっているかよく見えませんがこれでACCと常時電源が11番と12番に割り当てられました。

参考になります?

|

« スタッドボルトツール(普通はこれかな?) | トップページ | ボンネットが濡れないように(2011年8月) »

04.ベンツ君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180855/56539207

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンルームでの電源調達(2012年11月):

« スタッドボルトツール(普通はこれかな?) | トップページ | ボンネットが濡れないように(2011年8月) »