バックナンバー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

  • メルセデスベンツ

« 穴あけ | トップページ | メンバー購入(2010年10月) »

2012年12月30日 (日)

遮熱・断熱・超断熱?(2011年6月)

屋根の塗装を始めたのは5月の終わり。

困ったことにその翌日から梅雨に入ってしまったのでした。

でも、うれしい誤算が、、、

今回使ったのはガレージ床と同じ2液エポキシ塗料です。

YAHOOオークションで発見したもので、出品者に問い合わせたところコンクリートならシーラーなんか無くっても完全密着するとの事でした。そして、20kgで送料込み5000円なんです。

そして、通常の1液の油性や水性塗料と違って水の中でも硬化する優れもの。
だから、塗装直後に雨が降っても大丈夫なんです。

これが、水性だったら、、、、、、雨で全て流れてしまいます。そして隣の家まで真っ白に。。。

Simgp2604 白に見えますがまだ下地なのでグレーなんです。Simgp2605

中空セラミックビーズ入りをトータル7缶塗装してから仕上げの白を塗装します。

Simgp2606

白を塗り始めるとグレーだったのがよく判りますね。
セラミックビーズのザラザラ感を消すために白を40kg使いました。

このエポキシの白を塗装した状態で耐久性の検証のため1年間放置しました。
エポキシって紫外線に弱いんです。

だから必ず保護のためにウレタン塗装が必要。
でも、ウレタン塗装はまだやりません。比較検証したいので。。。

さてさて、気になっていた断熱性能ですが、何もしていなかった昨年の最高温度の65度に対して、天井裏断熱のみの状態で45度(5月後半)、さらに塗装が完了してからひと夏経過の最高温度で37.2度でした。

7.8月を通して屋根裏温度の最高温度のログを取っていた訳ですが、さらに下の3階の温度の方が高い状態でした。

窓があるため日射によって温度が上がるみたいです。ちなみに最高温度は39.2度でした。

塗装後は屋根の金属部に頬ずりできる程の温度に下がりました。
最初がどうだったかは想像出来ますよね?

これを車の屋根やエンジンルームに応用することが出来るといいですね。

|

« 穴あけ | トップページ | メンバー購入(2010年10月) »

17.家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180855/56425126

この記事へのトラックバック一覧です: 遮熱・断熱・超断熱?(2011年6月):

« 穴あけ | トップページ | メンバー購入(2010年10月) »