バックナンバー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • メルセデスベンツ

« PIAZZAmeetingに行ってきました。 | トップページ | ホースの抜け止め »

2012年11月10日 (土)

レカロのお洗濯

  25年分25万km程の汗の染み付いたレカロの洗濯をしてみました。
中古車って汗の臭いがしますよね?

よくあるシートクリーナーとか、シートに水を掛けて水の吸える掃除機で吸い出すシート洗浄とは違って完全分解してのお洗濯です。


まず、ダイヤルを外してからこの3本のピンを中に押し込みます。画像は位置を判りやすくするために出っ張らせて付いています。
C7a632dd70
そして支点のEリングを外せば座面と背もたれが分割できます。

座面のクッションは前後がフレームにはまっているので外します。
2_6
サイドサポートは針金で引っかかっているだけなのでこのように先を加工したドライバーで外します。
3_6 4_4
ヘッドレストはここの位置にロックがあるのでここを押しながらヘッドレストを引き抜きます。
6
ヘッドレストは下側ではめ込みなだけなのでこじって外します。そしてウレタンごとフレームから分離。
7

次は、背もたれの一番上側から外します。
上の4箇所針金で引っかかっていて下側はヘッドレストと同じくはめ込みです。中央あたりでリングが付いていますが気にしないで外してしまいます。

8 9
サイドサポートは針金なので簡単に外れます。生地とウレタンがタッカーで止まっている所はタッカーを外し分離します。

これで完全分解。

外した生地を並べるとこんな感じ。
10
これを洗濯するんですが、今までは生地は洗濯機で洗いウレタンは風呂場で踏み洗いをしていました。
今回は思い切ってもっと大胆にそして確実に早くキレイにするためにコインランドリーで洗濯してしまいました。
以前はドラム洗濯機って無かったんです。だからウレタンは水に沈まないので洗えなかったんです。
でも今は大型のドラム洗濯機があるためウレタンも洗濯できるんです。

コインランドリーで布団も洗える機種では25kgも入るんです。
全部丸ごと突っ込んで一回で洗濯&乾燥できました。締めて約2時間で1700円でシート洗濯完了。

そしてここからが大変なところ・・・・・

それなりにウレタンが破けていると思うので補修します。
洗濯機で回したことによってバラバラになったウレタンもありました。


このように破けているところは骨にあたる部分に当て布をして接着します。そうすることにより耐久性が大幅に上がります。
11_2 12

削れて穴が空いたところは別のスポンジを入れて接着します。
14

接着剤はおなじみG17です。

座面と背もたれはウレタンと生地が接着してあるので接着剤を塗ってからタッカーで固定します。
元々は抜けないような形状の特殊タッカーでしたが、入手できないので普通のタッカーで代用しますが、本数増やせば問題ありません。

はめ込みの部分が結構大変ですが頑張ってはめ込みます。
頑張って組み立てましょう。

|

« PIAZZAmeetingに行ってきました。 | トップページ | ホースの抜け止め »

02.NERO子ちゃん お買い物スペシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180855/56079151

この記事へのトラックバック一覧です: レカロのお洗濯 :

« PIAZZAmeetingに行ってきました。 | トップページ | ホースの抜け止め »