バックナンバー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • メルセデスベンツ

« 配線の通し方 (2009年8月) | トップページ | みんなが悩むデスビの不良。(2011年9月) »

2012年11月12日 (月)

こっちもオーディオ(2009年8月)

ベンツ君と同じくしてこっちもドアSPを作り直します。

方法はほとんど同じです。

まず最初にビニール剥がしとブチルを綺麗にします。
ブチルって苦労しますよね?皆さんどうやって落としていますか?

ブレーキクリーナーを使う人が一番の多いのかな?
でもやってみると判りますが、どんどん汚れを伸ばすだけでそれではなかなか落ちません。やり過ぎると塗装まで溶けてしまいます。

調べてみるとエーモンでブチルクリーナーというものがありました。
早速使ってみると比べ物にならないくらい簡単に落とせます。

でもとっても高い!100ccで1500円以上します。そしてとっても一缶では足りません・・・

いろいろ調べてみたら、なんとダイソーで同じ成分のものがありました。
ピッチクリーナーという名前で315円でした。容量は420ccですので値段は20倍も違います。
これなら気兼ねなく使えますね。

ちなみに私の場合は、モールはがしにも使ったのでダイソー物を2缶半使用しました。それとエーモン1缶。

2

ドアのアウターパネルに制振材をたっぷり貼ります。
家庭用の床制振シートとレジェトレックスで完全ダンプです。

そして、角から剥がれてこないように周辺はアルミテープで補強します。

吸音材として下半分には吸音スポンジを貼りました。
ガラスに当たらないように右側みたいに表面をカットして貼り付けています。
3
4
5 
ユニット裏はできるだけ開口部を大きくしたいのでこのようにチタンの板を曲げて枠を作ります。
なぜチタンかというと、ちょうどいいサイズの物が手元にあったからです。

6

そして開口部を全てレジェトレックスで貼り付けます。
1枚物で貼ると後で苦労するのでベンツ君と一緒で分割して開口部を覆います。

7

次は内張りのカットです。
これを付けられるように内張りをカットします。
8 
嫁さん号なので最小限の出っ張りで収めるように、80mmで作りました。
ベンツ君と同じ厚みですが、ドアの内張りの厚みがあるためこの厚みでは出っ張りません。
9

仮合わせするとこんな感じ。
10

今度は削って整形します。ベンツ君はパーチクルでしたが今回は桐材を使ったのであっという間に削れます。
11
布を貼ってドアに合わせて
12
生地はダイソーのバスタオルです。

これで完成!
P1

でも、ちょっと問題発見。シートレールが・・・

次に続きます。

|

« 配線の通し方 (2009年8月) | トップページ | みんなが悩むデスビの不良。(2011年9月) »

02.NERO子ちゃん お買い物スペシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180855/56094711

この記事へのトラックバック一覧です: こっちもオーディオ(2009年8月) :

« 配線の通し方 (2009年8月) | トップページ | みんなが悩むデスビの不良。(2011年9月) »