バックナンバー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

  • メルセデスベンツ

« 今までで1番大変なエアコン取り付け。。。その3 配管洗浄編 | トップページ | 屋根裏だって部屋なんです。(2010年12月2日) »

2012年11月27日 (火)

もっと速く軽やかに。(2009年2月~7月)

いまどきの車に乗ると、、、その度に気になっていたことがあります。

スターターの回転がすごく速いんです。

なんとかPIAZZAも速くならないものか?といろいろ対策を考えてみました。

まずはスターターの出力。
これはノーマルは0.9kwに対して寒冷地仕様のリダクションスターターだと1.0kwになります。
さらに、4ZE1用だと1.2kwここまでは完全互換品です。
2.0kWのスターターが使えるかと思って購入しましたが物理的に無理でした。
左から純正0.9k・純正寒冷地1.0k・UBS55純正2.0k

Simgp0823

2.0kはエンジンマウントに当たってしまうので装着不可です。

そこで、1.4kあたりならどうかと買ってみました。3Lクラスで使っているスターターです。

でも、当然の事ながら取り付け方法が違いますので変換しないとなりません。Simgp1030 純正のハウジングを加工してこのように組み合わせます。

Simgp1031 Simgp1032 このようなアダプターを製作しました。これはNERO子ちゃん用です。

Simgp1034 こちらはみどりちゃん用です。Simgp1369 簡単に変換できれば量産しようと思ったんですが、耐久性に自信が持てないため・・・

さらに、スターター&エンジンアースを極太ケーブルに交換しました。
PIAZZA純正はどちらのケーブルも15sqでした。
それに対してベンツ君はなんと70sqもあるケーブルを使っているんです。

そこで、ちょっと足りないですが60sqを使ってみました。

回転数テストをしてみると。

冷間時+バッテリー新品+リダクション1.0kw+ノーマルケーブル=180rpm
冷間時+バッテリー新品+リダクション1.0kw+スーパーケーブル=196rpm
冷間時+バッテリー新品+リダクション1.4kw+ノーマルケーブル=226rpm
温間時+バッテリー新品+リダクション1.4kw+スーパーケーブル=248rpm

上記のような結果が出ました。すべて非接触式の光学式タコメーター(誤差+-1rpm)での結果ですのでかなり正確な値だと思います。意外と低い回転数ですね。

結果だけ見るとたいした違いは無いように思いますが、聴感上では2倍位に感じます。

実際にケーブルを変えただけでもかなり変わった感じでした。

現状では、完全に今時の車の始動音です。

今回作った1.4kwスターターは、作るのも非常に面倒でしたし物理的に収まる最大限のサイズですので、これ以上の物を作るのは難しいと思います。と言うよりも車体にエンジン搭載状態で交換できる最大サイズです。

エンジン降ろした状態ならさらに大きいのが付くかもしれませんが・・・


|

« 今までで1番大変なエアコン取り付け。。。その3 配管洗浄編 | トップページ | 屋根裏だって部屋なんです。(2010年12月2日) »

01.みどりちゃん メイン」カテゴリの記事

02.NERO子ちゃん お買い物スペシャル」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ、高回転のスターター。
でも取付、面倒くさそ~。

投稿: mikami | 2012年11月29日 (木) 21時02分

作るのは面倒ですけど取り付けはそんなに大変じゃないですよ。30分位かな?

投稿: かわばた | 2012年11月29日 (木) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180855/56201189

この記事へのトラックバック一覧です: もっと速く軽やかに。(2009年2月~7月):

« 今までで1番大変なエアコン取り付け。。。その3 配管洗浄編 | トップページ | 屋根裏だって部屋なんです。(2010年12月2日) »